大人の上野クリニックまとめ!

ペニス増大に関する、ほろ苦体験3 「上司にデカチンを見せつけられ、思わず自己嫌悪!?」

楽しいはずの会社の慰安旅行。仕事の疲れを癒そうと思い、温泉につかろうとしたら……。
男には、負けてしまうとひどい自己嫌悪に陥るものがいくつかある。ペニスの大きさもその一つ。なので、温泉や銭湯はある意味、戦場。他人のイチモツをチラ見しながら、自分のモノと比べ、心の中で密かに、「よし、勝った」「うわー、惨敗だ」と勝敗を決している。だから、とんでもないデカチン野郎が目の前に現れてしまうと……。

デカチンになりたい! と強く願った夜。

今回は、東京都在住の会社員、Tさんの体験談をご紹介。

会社の慰安旅行で出かけた熱海。

「『お前、やってる仕事も小さいが、チンポも小さいヤツだなあ!!』
食事をすませ、温泉に入ったその時、酔っぱらった上司は俺のチンチンを見てゲラゲラ笑った。
確かに俺の仕事っぷりはダメかもしれない。でも、仕事とチンポは関係ないだろ!!
『ほら、俺なんてコレだ!』
自慢げに見せつけてくる上司。むむ、確かに勝てない。いや、むしろ超デカイ!
あの夜は、完全な敗北感を味わいました……」

自分のペニスの大きさを自慢してくるような男は、ろくなものじゃない。だから、相手にする必要はないのだけど、簡単に「バカなやつ」と切り捨てることはできない。なぜかと言えば、男は誰でも、「大きなペニスこそ、よい(優れた)ペニス」という意識が、頭の中に刷り込まれているから。だから、目の前でデカチンを誇示されると、口には出さなくても、心のどこかで、「羨ましい」「自分もあんなデカチンを手に入れたい」と思ってしまう。なので、会社の上司にデカチンを見せつけられて、Tさんが強い敗北感を覚えたのは至極当然。その気持ちは、容易に察することができます。

というわけで、上司に敗北を喫してしまったTさんですが、会社の慰安旅行は毎年あるわけなので、リベンジするチャンスはいくらでもあります。ただし、そのためにはペニス増大治療(手術)が必要。ヒアルロン酸パワーで見違えるほど逞しくなったペニスを見せつけてやれば、きっと上司も一目置いてくれるはず。上野クリニックのホームページには、ペニス増大治療(手術)に関する詳しい情報(治療の内容から、治療にかかる具体的な金額まで)が記載されているので、気になる方はご参照ください。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >