大人の上野クリニックまとめ!

ED治療に関する、よくある質問2  「どのような人がEDになってしまうのでしょうか? 」

強いストレスや糖尿病、高血圧などの生活習慣病を抱えている人は要注意!?
草食系の男子が増えた昨今でも、「生涯現役でありたい」と思っている男性は、やはり、決して少なくはないようで、上野クリニックには、「どのような人がEDになってしまうのでしょうか? 」という質問が、よく寄せられます。「今のところ問題はないのだけれど、将来的なことを考えると、正直、ちょっと心配。『高齢者はEDになりやすい』という話を聞いたことがあるし…」といった感じの男性が、意外に多いようで……。

20歳代でも仕事や恋愛関係のストレスでEDに!

 
いろいろなストレスや好ましくない生活習慣のために動脈が拡張せず、陰茎に十分な血液を送れなくなってしまうことがEDの原因。だから、強いストレスや糖尿病、高血圧などの生活習慣病を抱えている方は、大きな注意が必要です。なので、年齢が若いからと言って、決して安心はできません。年齢が若くても、強いストレス(精神的なトラブル)が原因でEDになることがあるため、いつ誰がEDになったとしても、全くおかしくないからです。
EDは、動脈硬化の進行や神経の障害が原因で起こる器質性と、精神的なストレスが引き金になって起こる心因性の二つに分けることができます。器質性のEDは、高血圧や糖尿病、肥満などによって陰部の血流が悪くなることが原因になるので、高齢者(50~60歳代)に多く見られるのですが、心因性のEDは、仕事や夫婦(恋人)関係でのトラブルなどが原因になることが多いため、50歳代以上の高齢者よりも働き盛りの30~40歳代の男性に、最近では20歳代の若者にも多く見られるようになっています。過去のSEX失敗経験や、厳しいしつけによる女性へのトラウマなどによって、EDに陥る若い若者が年々、増えてきているのです。
というわけで、結論的には、「年齢に関係なく、誰でもEDになりうるので注意が必要」ということになりますが、特に、生活習慣(食事、飲酒、喫煙、睡眠など)の乱れや強いストレスには注意をしてください。また、心因性のEDは、不規則な生活が原因になることもあるので、できるだけ規則正しい生活を送るように心がけてください。
ちなみに、上野クリニックでは、24時間いつでもEDに関する相談を受け付けているので、何か心配事があったら、問い合わせが可能です。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >