大人の上野クリニックまとめ!

EDセルフチェック 「切手を使えば、EDの原因を突き止めることもできる!?」

“もしかしてED!?”と心配になったら、まずはセルフチェック!
EDは、自宅でセルフチェックすることができます。なので、“最近、ちょっと下半身の調子がイマイチのような気がするんだけど…”と心配になっている方は、一度、試してみるといいかもしれません。

セルフチェックで、“EDの可能性高し”という結果が出たら、早めに医師に相談を!


ED問診票(SHIM)を使えば、自宅で簡単にEDのセルフチェックができます。ちなみに、SHIMとは、EDのスクリーニングや治療の効果判定に使われているInternational Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)と呼ばれる問診票のひとつで、具体的には、「勃起してそれを維持する自信はどの程度ありましたか?」「性的刺激によって勃起した時、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか?」といった5つの質問に答える形になっています(それぞれに点数がつけられている5つの答えの中から選択して回答。点数の合計が21点以下の場合は、EDの疑いがあり、ということになります)。

というわけで、ED問診票(SHIM)を使えば、自宅でEDのセルフチェックができます。また、EDになった場合は、夜、眠る前に、ペニスにミシン目から切り離していない切手を貼り付けておけば、大まかなEDの原因を突き止めることが可能になります。成人男性は、睡眠中に何回か勃起をするものなので、もし朝、目覚めた時に、切手のミシン目が切れていれば、器質性(体の不調が原因で起こる)ではなく、心因性(ストレスや過去のトラウマがEDの原因)のEDということになります。

ちなみに、切手を使ってEDの原因判定をする方法は、上野クリニックのホームページに詳しく記されているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >