大人の上野クリニックまとめ!

真性包茎 「保険が適用されるのは、日常生活に支障をきたすことがあるから!」

包皮を剥くことができないのだから、包茎矯正器具で改善することは不可能!?
軽度の仮性包茎ならば、包茎矯正器具などを使って、自力で包茎から脱することも可能。しかしながら、包皮をまったく剥くことができない真性包茎は…

無理やり剥いてしまうと、カントン包茎に陥る危険性もあり!

真性包茎とは、包皮の出口(包皮口)が狭かったり、亀頭と包皮が癒着を起こしているなどの理由から、平常時だけでなく勃起時でも包皮を剥くことができない包茎のこと。なので、剥き癖をつけることを目的にしている包茎矯正器具を使用することは不可能なので(剥くこと自体ができないので、剥き癖をつけることは根本的に無理なため)、真性包茎から脱するためには、専門の病院に行って手術を受けることが必要になります。

また、真性包茎は、治療(手術)をせずに放置してしまうと、日常生活に支障をきたすことが十分に考えられるので、大きな注意が必要になります。手術をせずに真性包茎のままでいると、包皮に覆われた内側の部分を洗浄することができないため、清潔に保つことが難しくなり、その結果、性器から悪臭が放たれたり、病原菌の繁殖によって性病などにかかりやすくなってしまうのです。

となれば当然、大切なパートナーの女性に不快な思いをさせたり、性病をうつしてしまう可能性が出てきてしまうので、放置は厳禁! と心得ておく必要があります。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、“いきなり病院に行くことには抵抗がある”場合は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >