大人の上野クリニックまとめ!

包茎いろいろ 「カントン包茎にも、軽度のものと重度のものがある!?」

包皮口が狭いため、包皮を強引に剥いてしまうと、包皮が陰茎を締め付け、元に戻らなくなる。それがカントン包茎!
カントン包茎は、言わば重度の仮性包茎。そのカントン包茎にも、軽度と重度のものがあるようで…

軽く締め付けられる感覚があるくらいの軽度のカントン包茎ならば…

カントン包茎のカントンは、漢字で書くと、「嵌頓」となります。その意味は、「腸管などの内臓器官が、腹壁の間隙(かんげき)から脱出し、もとに戻らなくなった状態。」で、カントン包茎は、簡単に言えば、「強引に剥いてしまった包皮がもとに戻らなくなった状態。」ということになります。

なので、カントン包茎は、真性包茎ではなく、重度の仮性包茎ということになるわけですが(一応、包皮を剥くことができるので)、カントン包茎にも、軽度と重度のものがあり、包皮口(包皮の先端部分)が狭いために、包皮を剥いた時に陰茎が締め付けられる感覚はあるものの、特にそれ以外の支障がない軽度のものであれば、必ずしも手術の必要はないようです。ただし、軽度のカントン包茎でも、痛みなどによる勃起不全や射精障害などが起きているようであれば、その症状を改善するために手術をしておいた方がよい、ということになるようです(当然ながら、重度のカントン包茎は治療が必要。しかも、緊急の)。

というわけで、カントン包茎でも軽度の場合は、まずは病院に行って、医師に相談ということになります(自分のカントン包茎の度合いが判別できない場合も)。ちなみに、上野クリニックのホームページには、「包皮口が狭い場合は性生活に強く影響を及ぼすとともに、健康面に大きなリスクを抱えた状態といえます。特に無理にむけて腫れてしまう前に(カントン包茎)、早急に医療機関に相談し、治療をうけることが望まれます。」などと記されています。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >