大人の上野クリニックまとめ!

包茎いろいろ 「バリエーション豊富な仮性包茎」

同じ仮性包茎でも、包皮の剥け具合には大きな開きがあるので…
日本人男性の約7割がそうだと言われている仮性包茎。しかしながら、一口に仮性包茎と言っても、いろいろなタイプがあるようで…

仮性包茎の中には、即手術が必要なタイプもある!?


仮性包茎とは、平常時は包皮が亀頭を覆っているけれど、手で剥けば亀頭を露出させることができる包茎の種類のこと。なので、そのタイプはいろいろ。勃起すれば、自然にズル剥けになれる人だけでなく、勃起してもほとんど皮を被ったままで、亀頭の先端部分しか見えないようなタイプの人も、同じ仮性包茎ということになるから。

なので、一口に仮性包茎と言っても、対処の仕方はいろいろ。勃起時に違和感なく亀頭が露出する軽度の仮性包茎であった場合は、平常時の見栄えや臭いなどに不満や問題がなければ、手術をする必要はないのですが、勃起しても少しか亀頭が露出しない、重度の仮性包茎の男性は、カントン包茎(包皮を無理やり剥いてしまい、皮を元に戻さなくなってしまった状態)に陥る可能性があるので、早めの治療(手術)が必要になるので。また、包茎の度合いが高くなればなるほど、包皮に覆われた内側の部分に垢が溜まったり、雑菌が繁殖する確率が高くなので、悪臭や病気にも気をつけなければならなくなります。

ちなみに、上野クリニックのホームページには、仮性包茎に関して詳しく記述されているようなので、気になる方は、一度覗いてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >