大人の上野クリニックまとめ!

性感染症の豆知識 「HIVとエイズ(AIDS)の違い」

HIVはウイルスの名前。エイズ(AIDS)は?
HIVとエイズ(AIDS)は同じもの。言い方が違うだけ。もしかしたら、そんな風に思っていらっしゃる方もいるのでは?

エイズ(AIDS)の日本語訳は、“後天性免疫不全症候群”


まず、HIVとは、『Human Immunodeficiency Virus』の略称で、日本語に訳すと、『ヒト免疫不全ウイルス』となります。一方のエイズ(AIDS)も、『Acquired Immunodeficiency Syndrome』の略称で、日本語に訳すと、『後天性免疫不全症候群』になります。

なので、簡単に言えば、HIVはウイルスの名前で、エイズは病気の名前、ということになります。もう少し詳しく説明すると、エイズは、HIVに感染した後に、免疫力の低下により、普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、その結果、様々な病気を発症した状態のことを言うので、HIVとエイズの関係は、原因と結果と考えると、分かりやすくなるかもしれません。

いずれにしろ、エイズは、HIVに感染することによって発症します。ただし、HIVに感染したからといって、すぐにエイズを発症するわけではなく、感染してから数年~10年くらいの潜伏期間があるため、HIVに感染したことを早期に発見して治療を始めれば、エイズの発症を遅らせることができます。なので、自覚症状がなくても、定期的にHIVの検査を受けることが非常に大切になります。

ちなみに、上野クリニックでHIVの検査を受けた場合の費用の目安は、10,000円(検査費)であるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >