大人の上野クリニックまとめ!

ED治療薬 「ジェネリックがあるのはバイアグラだけ!」

ネットなどでレビトラやシアリスのジェネリックが売られていたら、それはニセモノ!?
現在、日本では、3種類のED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)が承認されています。しかしながら、ジェネリックの製造が認められているのは、バイアグラだけなので…

新薬のバイアグラと同じ成分で、同じ用途のために作られているので、効き目は同じ!?


ジェネリック(医薬品)とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許(物質特許)が切れた後に、他の製薬会社が同じ有効成分で製造・供給する医薬品のことで、日本語に訳せば、『後発(医薬品)』となります。なので、ジェネリック(医薬品)は、新薬に比べると安価で製造できるため(数百億円以上はかかると言われている新薬の開発費などが必要でないから)、販売価格も安くすることができるのです。

というわけで、新薬ならば1錠あたりの値段が1500~2000円くらいするED治療薬も、ジェネリックならば1000円前後で処方してもらえます。ただし、ジェネリックの製造が認められているED治療薬は、今のところバイアグラだけなので、もしネットなどでレビトラやシアリスのジェネリックが売られていたら、それはニセモノということになります。

なので、ジェネリックのED治療薬を利用する場合は、注意が必要になるのですが、本物のジェネリックバイアグラであれば、効き目に関しては、心配する必要はないようです。ジェネリックのバイアグラは、新薬のバイアグラと同じ成分で、同じ用途のために作られているので、効き目も同等だと思っていいからです。

ちなみに、上野クリニックでは、テバ製薬のジェネリックバイアグラ(製品名は、シルデナフィル錠50mgVI「テバ」)を処方しているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >