大人の上野クリニックまとめ!

EDと高血圧症

高血圧症になると、勃起に必要な陰茎への血流が抑制されてしまう!?
「高血圧症の人は、EDになりやすい」とよく言われますが、それって、本当のことなのでしょうか?

生涯現役のためには高血圧症の予防も重要!


高血圧症を患っている男性は、本当にEDになりやすいのか? その答えは、ズバリ、YES! 高血圧症とEDの関係は、実際にいろんな医療機関で研究がされており、医療の世界では、周知の事実となっているようです。しかしながら、高血圧症の人がEDを発症している確率は27~68%と幅広く、研究によって、その数値には大きな開きが出ているようです。

とは言え、「高血圧症を患っているとEDを発症する確率が高くなる」ということは、間違いのない事実のようで、実際に、EDの専門病院に治療にやって来る高血圧症の男性の数は、かなり多いようです。

なぜゆえに、高血圧症になるとEDを発症しやすくなるのかと言えば、それは、勃起に必要な陰茎への血流が抑制されてしまうから! 高血圧症になると、血管に圧力がかかってしまうため、そのことから動脈の開きが不十分になり、陰茎への血流が抑制され、その結果、陰茎海綿体が膨張することができなくなり、勃起が難しくなってしまうようです。

なので、生涯現役であるためには、きちんと高血圧症の予防をすることが、非常に重要になります。ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安に思うようなことがあったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >