大人の上野クリニックまとめ!

包茎意識調査 「コンプレックスに感じている包茎男性の割合は?」

常にコンプレックスを感じている男性は、意外に少なめ!?
包茎は恥ずかしい。そんなイメージがありますが、実際に自分が包茎であることをコンプレックスに感じている男性は、どれくらいいるのでしょうか?

普段は平気でも、裸になる場では、やはり、コンプレックスに感じる!?


上野クリニックのホームページに掲載されているアンケート調査(包茎の男性100人に、「包茎をコンプレックスに感じたことはある? 」と質問)によると、包茎をコンプレックスに感じたことがある男性の割合は、約8割(82.5%)。ただし、その半分以上(44.7%)は、「たまに感じる」という回答で、「よく感じる」(25.2%)、「常に感じる」(12.6%)という回答の割合を大きく上回っていた。

なので、包茎であることが強いコンプレックスになっている男性は、意外に少なめ。おそらく、銭湯や温泉などに行って、目の前にズル剥けの男性が現れた時に、“うわー、ヤベー。俺のチンコ、完全に負けてる。恥ずかしい”と劣等感を抱く男性が多いのでしょう(後はやはり、女性と性行為をする時。逆に言えば、それ以外の日常生活の中では、あまりコンプレックスに感じることはない?)。

というわけで、包茎であることが深刻な悩みになっている男性は、それほど多くはないようですが、真性包茎の場合は、早めの治療(手術)が必須なので、ちょっと注意が必要。また、仮性包茎でも、重度の場合は、手術が必要になることが多いので、皮の被り具合が微妙な男性は、チェックしてみた方がいいでしょう。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か心配事などがあったら、まずは一度、電話やメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >