大人の上野クリニックまとめ!

性病に注意! 「尿道から膿が出たら…」

膿の色が黄色なら淋病で、透明ならばクラミジア!?
尿道から膿が出てきた場合は、ペニスが腫れた時と同様に、淋病やクラミジアであることが考えられます。

そもそもの原因は、尿道口からの病原菌の侵入!


膿とは、炎症を起こした部位が化膿して生じる黄白色または黄緑色の不透明な液体のこと。主にそれは、微生物を食べる過程で崩壊した白血球と血清からなり、その他にも、壊れた組織や死んだ細菌などが、その中に含まれています。

そういった膿と呼ばれるものが尿道口から出てきた場合は、淋病やクラミジアであることが予想できるのですが、そもそもの原因は、尿道口からの病原菌の侵入で、それが尿道の粘膜に感染して尿道炎を起こすことによって、膿が出ることになるのです。

なので、尿道口から膿が出てくるような状態にならないようにするためには、尿道口からの病原菌の侵入を防がなければなりません。そのためには、性行為をする際に、きちんとコンドームを装着することが非常に大切になります。

ちなみに、淋病であった場合は、膿の色が黄色に近く(クリーム色)、クラミジアであった場合は、透明(白)であるようです。上野クリニックのホームページに、「どちらも排尿時に不快感が伴い、精神的負担もあることから、早めに病院へ行って検査されることをおすすめします。」と記載されていることからも分かるように、どちらの色であったにせよ、尿道口から膿が出てきたら、できるだけ早く病院に行くことが最善の方法となります。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >