大人の上野クリニックまとめ!

性病に注意! 「ペニスにしこりがあったら…」

排尿時に違和感を覚えたら、早めに病院へ!
「排尿するために何気なくペニスを握ってみたら、なんだか違和感が…。よく見てみたら、しこりのようなものができていて…」。そんな時には…

痛みがないからといって、放置は厳禁!?

ペニスにしこりができていた場合、梅毒やコンジロームである可能性が出てきます。

まず、梅毒は、性行為によって、スピロヘーターという細菌の一種である梅毒トリポネーマに感染することによって発症し、感染してから3週間くらい経過すると、性器周辺に痛みのないしこり(初期硬結)ができたり、太ももの付け根のリンパ腺が腫れたり、といった症状が現れることになります。

コンジロームであった場合は、梅毒とは異なり、感染してから2~3週間経つと、性器や肛門の周辺に、米粒大の小さなイボがたくさん現れ、放置してしまうとイボの塊がカリフラワーのように見えるほどに増殖してしまいます。なので、最初に小さなイボができた段階で病院に行くことが大切になるのですが、梅毒のしこりと同じように、コンジロームの場合も痛みがないため、どうしても見過ごしがちになってしまうようです。

というわけで、放尿時に違和感を覚えた場合は、面倒くさがらずに病院に行くように心がけておくことが、とても重要になります。ちなみに、上野クリニックで、梅毒またはコンジロームの治療をしてもらった場合の料金の目安は、梅毒の場合が、「検査費10,000円、診察費2,000円、薬代10,000円(1週間分)」で、コンジロームの場合は、「診察費2,000円、治療費100,000円」であるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >