大人の上野クリニックまとめ!

年齢とED 「50~60代のED患者の割合は50%以上!?」

EDの推定患者数は1800万人。実は、非常に身近な病気!?
EDと言えば、中高年の男性がかかる病気。最近は若年性のED患者も増えているようですが、やはり、EDと加齢には密接な関わりがあるようで…

EDを防止するために健康チェックを!


曰本のED患者数は、1998年に実施された調査の時点で、1000万人以上(1130万人・成人男性の約24%)に達しており、現在のEDの推定患者数は1800万人にのぼっている、と言われています。

というわけで、日本はすでにED大国と呼べるような状況になっているのですが、EDは年齢が上がるにつれ、発症する確率が高くなるので、ある程度の年齢に達している方は、特に大きな注意が必要になります。

実際、1998年に実施された調査では、30代のED患者の割合は5%ほどであったのに、40代ではその割合が15%程度にまで上昇し、50代になると30%を突破していた(50~60代は50%以上!)、という結果が出ていたので、「生涯現役でありたい」という気持ちがあるのなら、ED防止のための健康チェック(フィジカル面だけでなく、メンタル面も)が必須となります。

ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か相談したいことがあったら、、まずは一度、電話かメールで問い合わせをしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >