大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術と保険

費用を安く抑えたいなら病院の泌尿器科!?
包茎手術には保険が利きます。しかしながら、それには条件があるようで…

仕上がりの美しさを重視するなら専門クリニック!?

包茎手術を受ける際に、保険が適用される条件は、真性包茎かカントン包茎であること。仮性包茎の場合、基本的には、真性包茎やカントン包茎のように、日常生活に支障をきたすことがないため、残念ながら、保険は利かず、料金の支払いは10割負担となります。

なので、仮性包茎である場合は、手術を受ける際に、ある程度の出費を覚悟しなければなりません。また、真性包茎やカントン包茎の手術を、自由診療ではない一般の病院で受ければ、料金は3割負担となりますが、病院の泌尿器科では、術後(仕上がり)の美しさをあまり重視していないようなので、注意が必要になります。

というわけで、仕上がりの美しさを求めるなら、真性包茎やカントン包茎であった場合も、自由診療の専門クリニックのお世話になった方がいい、と言えます。しかしながら、自由診療の専門クリニックで手術を受けた場合、料金が高額になることだけでなく、執刀医が泌尿器の分野において未熟であった場合は、見た目はよくても、血管や神経の保存(保全)が不十分なことから、EDや不感症を招くこともあるようなので、クリニック選びは慎重に行わなければなりません。

ちなみに、上野クリニックのホームページには、「真性包茎やカントン包茎の治療は保険を適用すれば費用を抑えることはできますが、一般病院では包皮を剥く事に重点がおかれている為、包茎手術の仕上がりについては、あまり重視されません。仕上がりの美しさを求められるなら、多少費用は高くなりますが、包茎手術専門の美容外科クリニックでの治療をおすすめいたします。」などと記されています。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >