大人の上野クリニックまとめ!

カントン包茎 「包茎であることの一番のデメリット!?」

重度の仮性包茎である場合は、まさに要注意!
包皮口が狭いタイプの重度の仮性包茎であった場合、無理に包皮を剥いてしまうと、カントン包茎になってしまうことがあるので、大きな注意が必要になります。

包皮を元に戻すことができなくなると、亀頭が圧迫されて激痛が走り、最悪の場合は一部が壊死することも!?


包茎には、真性と仮性の2種類があります。厳密に言いますと、カントン包茎は、包茎の“種類の一つ”ではなく、包皮口が狭いタイプの重度の仮性包茎の男性が、無理に包皮を剥いてしまった時に、包皮を元に戻すことができなくなった“状態”のことを指します。

というわけで、包皮口が狭いタイプの重度の仮性包茎であった場合は、カントン包茎になる危険性があるので、大きな注意が必要になります。なぜかと言えば、カントン包茎になると、狭い包皮口が亀頭の根元を締めつけて圧迫し、大きく腫れあがってしまうことがあるからです。

また、包皮の締め付けが激しくなると、亀頭が鬱血して、 最悪の場合は、その一部が壊死(細胞が死滅)する恐れもあるため、まったくシャレになりません。なので、もしかしたら、“カントン包茎になる可能性があることが、包茎であることの一番のデメリット!”と言えるのかもしれません(それほどカントン包茎は、厄介なものなのです)。

ちなみに、上野クリニックのホームページには、「無理にむかないようにしていても、性交渉の時など、意図せず包皮がむけてしまう場合もあり、注意が必要です。」などとも記されています。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >