大人の上野クリニックまとめ!

包茎治療 カントン包茎

一番厄介なのは、実はカントン包茎!?
包皮を剥くことができない真性包茎ならば、「手術を受けるしかない」と決断がしやすい。しかしながら、無理をすれば包皮を剥くことができるカントン包茎であった場合は…

真性包茎と同様に保険が利くカントン包茎は、手術を受けるか迷う必要なし!?


カントン包茎は、実はとても厄介。無理をすれば包皮を剥くことができるので、スパッと治療(手術)の決断ができず、ズルズルと先延ばしにしてしまう可能性が高いから!

さらに、強引に包皮を剥いてしまうと、包皮口(包皮の先端部分)が狭いために露出させた亀頭を元に戻せなくなり、最悪の場合は、包皮に締め付けられた亀頭が壊死してしまうこともあるので、本当にシャレにならない。なので、ある意味、「カントン包茎よりは真性包茎であった方がいい」とも言えるのです(包皮をまったく剥くことができない真性包茎なら、「手術を受けるしかない」と即断できる、という意味で)。

というわけで、カントン包茎であった場合は、特に大きな注意が必要になります(前述したように、不用意に包皮を剥いてしまうと、大事故になることもあるので)。だから、「ちょっとは剥くことができるから…」みたいな言い訳をして、治療(手術)を先延ばしにするのは、得策ではないというより、まったくの愚策。カントン包茎は、真性包茎と同じように保険が適用されることからも、早めに手術をしておくことが賢明な方法になるので。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし自分の包茎の状態を見極めることが難しい場合は、電話やメールなどで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >