大人の上野クリニックまとめ!

性感染症予防 「女性器にも溜まる恥垢 大切なのはやはり、マメな洗浄」

恥垢を放置すると、性器がカンジダやヘルペスなどの性感染症の温床に!?
悪臭だけでなく、性感染症の原因にもなる恥垢。チンカスなどとも呼ばれる恥垢ですが、男性特有のものというわけではないようで…

男女ともに、性器の“におい”のチェックは必須!?

包茎のペニスが悪臭を放つ原因は、包皮に覆われたカリ首の周辺に恥垢が溜まるから。なので、毎日入浴をして、恥垢をしっかりと洗い流すようにすれば、悪臭を放つ可能性をグーンと下げることができます(逆に言えば、ズル剥けであっても、何日もお風呂に入っていなければ、悪臭を放つことになります)。

というわけで、恥垢を溜めないことは非常に大切なのですが、そもそも恥垢とは、汗や精液、尿道球腺液(我慢汁)などが乾燥して固まったもので、男性の間では、“チンカス”などとも呼ばれています。しかしながら、恥垢は、女性の性器にも溜まるので(そのために“マンカス”などとも呼ばれることがあります)、当然ながら、マメな洗浄を怠れば、女性器も悪臭を放つことになります。また、女性の性器周辺には、わきがの原因にもなるアポクリン腺という外分泌腺があるため、恥垢が溜まっていなくても、悪臭を放つことがあります。

そんなわけで、マメな洗浄によって、恥垢を取り除くことは、男女ともに非常に大切になります。恥垢を放置してしまうと、悪臭だけでなく、カンジダやヘルペス、コンジローマなどの性感染症の温床になってしまう可能性もあるので、大きな注意が必要になります。

ちなみに、上野クリニックでは、性病に関する悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か気になることがあったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >