大人の上野クリニックまとめ!

包茎男性の割合 「日本人男性の約7割が包茎で、そのほとんどが仮性包茎」

“包茎は恥ずかしい”は、誤ったイメージ!?
「包茎は恥ずかしいこと」。そんなイメージがありますが、実は、包茎であることは、普通(当たり前)とも言えるようで…

真性&カントン包茎はやはり、手術が必要。仮性包茎も悪臭を放ったり、見栄えが気になる場合は…

日本人男性の約7割が包茎、と言われており、実際、日本人男性の大半が包茎であるようです。なので、日本は包茎大国と言えるわけですが、実は、それは日本に限ったことではなく、海外の国々でも、包茎の割合は、あまり変わらないようです(割礼の風習が残っている国でも、ズル剥け率は5割程度であるらしいです)。

というわけで、世界的に見ても、包茎であることは普通で、包茎だからと言って、恥ずかしがったり、劣等感を抱く必要などはないようです。実際、包茎の8割以上を占めていると言われる仮性包茎は、マメに洗浄をして清潔に保っておけば、日常生活に支障をきたすことはないので、基本的には、悩む必要などはないので(包皮を剥いて洗浄することができない真性包茎とカントン包茎は、早めの治療が必要)。

しかしながら、包茎には、“見栄え”の問題があるため、包茎であることにコンプレックスを抱いている男性は、実際、少なくはないようです。温泉や銭湯で、威風堂々としたズル剥けのペニスを見せ付けられると、どうしても敗北感のような感情を抱きやすくなってしまうようで…。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関する悩みにも応えてくれるようなので、もし何か相談したいことがあったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせをしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >