大人の上野クリニックまとめ!

仮性包茎 「程度によっては、治療が必須!?」

平常時でもペニスの先端が顔を出しているタイプの仮性包茎なら、治療の必要はなし!?
一口に仮性包茎と言っても、皮の被り具合はいろいろ。なので、当然、対処法も…

包皮口が狭いタイプの重度の仮性包茎は早めの治療が必要!?

仮性包茎は、皮の被り具合によって、軽度、中度、重度の3種類に分けることができます。平常時でもペニスの先端が顔を出している軽度の仮性包茎ならば、毎日お風呂に入って、包皮に覆われている内側の部分(特にカリ首の周辺)を清潔にしておくことができれば、手術を受ける必要はないのですが、平常時は、亀頭が完全に包皮に覆われている、包皮口が狭いタイプの重度の仮性包茎であった場合は、早めの治療(手術)が必要になります。重度の仮性包茎は、強引に包皮を剥いてしまうと、カントン包茎に陥る可能性などもあるからです。

というわけで、包皮口の狭い、重度の仮性包茎であった場合は要注意。早めの治療が必要になります。また、基本的には治療の必要がない、軽度の仮性包茎であった場合でも、ペニスの見た目に不満がある(コンプレックスを感じている)場合は、美容整形的な意味で、手術をしてもらうことが一つの選択肢になります(当然ながら、面倒くさがりであるために、包皮の内側を清潔に保つことが難しい場合も)。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし自分の包茎の度合いが判断しにくい場合は、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >