大人の上野クリニックまとめ!

ペニス増大 「ペニスにヒアルロン酸を注入しても大丈夫な理由(わけ)」

ヒアルロン酸はもともと体内にあるものなので、注入しても安全!?
ペニス増大治療の中には、ペニスにヒアルロン酸を注入して、亀頭を一回り大きくするものがあります。その治療方法が安全な理由は…

何事にも万が一のケースがあるので、事前の確認が非常に重要!


ヒアルロン酸とは、ムコ多糖の一種で、水分を保持する、という特性を持っています。その保水力はたった1gのヒアルロン酸で6ℓの水を保持できるほど。肌の保湿性に優れ、弾力性を保ってくれるため、皺や弛みを予防する目的で(もちろん、潤いを与えるためにも)、美容整形治療などでよく使われています。

そんな肌に非常にいいヒアルロン酸は、ペニス増大治療でも、よく使用されています。しかしながら、何の知識も持たずに病院に行き、「ペニス増大のために、亀頭にヒアルロン酸を注入します」と言われたら、“えっ!? チンチンに注射で何か入れるの? 安全性とか、大丈夫なの?”と、少し心配になるはず。「ヒアルロン酸は、ペニスに注入しても害はない」と、説明してもらっても。

というわけで、“ペニス(亀頭)を大きくしたい!”という願望があっても、ヒアルロン酸の注入に躊躇してしまうのは、ある意味、当たり前。しかしながら、ヒアルロン酸は、もともと体の中にあるもの(皮膚と関節などに存在)なので、ペニスに注入をしても、基本的には、まったく問題はなし! 異物反応、アレルギー反応なども、ほとんど起こらないようです。

ただし、何事にも、“万が一のケース”があるので、実際にペニス増大治療(ヒアルロン酸の注入)をしてもらう際には、事前にしっかりと詳しい説明を聞いておくことが、とても重要になります。ちなみに、上野クリニックのホームページには、「(但し、注入部位付近の血管塞栓による部分的壊死、血管圧迫による皮膚障害、またアレルギー等の副作用が、万分の一程度、ごく稀にですが発症することがあります。)」と、記されています。


</center>

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >