大人の上野クリニックまとめ!

再度確認 包茎だと困ること

真性包茎は、日常生活の中で支障をきたすことが多いから、早めの手術が必要!?
脱包茎の手術を受ける人がいるということは、包茎であると、やはり、日常生活の中で困ることがあるから? それって、一体? 具体的にはどんなことが?

仮性包茎も、亀頭が外からの刺激に弱くなりがち!?


まず、真性包茎と仮性包茎では、事情がかなり違ってきます。

包皮を剥くことができない真性包茎の場合は、亀頭と包皮の間に汚れがたまったり、細菌が繁殖しやすくなってしまうため、どうしても炎症を起こしやすくなったり、悪臭を放つ確率が高くなってしまいます。また、不衛生な状態が長期に渡って続いてしまうと、陰茎癌にかかるリスクが上がる、と言われたりもしているので、大きな注意が必要になります。

さらに、真性包茎は、常に亀頭が包皮に守られた状態にあるため、性行為をした際に、挿入後のピストン運動などで包皮がめくれてしまうと、大きな痛みを感じることがあり、最悪の場合は、性行為を続けることができなくなってしまうこともあるため、油断ができません。

というわけで、真性包茎であった場合は、日常生活の中で、支障をきたす事態が発生することが、十分に予測できるため、早めの治療(手術)が必要になります。

仮性包茎であった場合も、お風呂嫌いであったり、怠(だる)がりで、「いちいち皮を剥いて、カリ首の周りとか洗うの、面倒くせー」と思うような方は、脱包茎の手術を受けることが一つの選択肢になります(包茎のヴィジュアルに不満がある場合なども)。
また、仮性包茎も、亀頭が包皮に覆われている時間が長いため、真性包茎である場合と同じように、亀頭が外からの刺激に弱くなったり、粘膜が傷つきやすくなったりもするので、大きな注意が必要になります。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、包茎手術を検討中という方は、まずは一度、電話やメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >