大人の上野クリニックまとめ!

「勃起はしても途中で萎える」 中折れもEDなので要注意!

40歳を過ぎたら、中折れが非常に身近なものに!?
バイアグラの製造販売を行っているファイザー社が行った調査によると、40歳以上の男性の約7割が中折れを経験。その理由(わけ)は…

30代でも5割近い男性が中折れを経験!?


中折れとは、勃起をしても性行為の途中でペニスが萎えてしまうこと。勃起自体はしているため、実際に中折れを経験をしても、EDと認識されないケースが少なくないようですが、EDの定義は、「陰茎の勃起の発現あるいは維持ができないため、満足に性交の行えない状態」とされているので、注意が必要。というより、中折れもEDの一つの症状であるので、中折れが見られるようになったら、治療が必要。放置してしまうと、症状が少しずつ進んでいってしまうので…。

というわけで、中折れには大きな注意が必要になるのですが、特に、40歳以上の男性は要注意。バイアグラの製造販売を行っているファイザー社が行った調査(「最近1年間で勃起が不十分[うまく挿入できなかった/中折れしたなど]でセックスが上手くいかなかったことがありますか?」と質問)によると、「ある」と答えた男性の割合が、20代では3割程度(33.2%)であったのに、30代になると5割近く(45.0%)にまで上昇。さらに、40代以上になると、約7割(66.8%)という、非常に高い数字に!

そんなわけで、年齢が40歳を超えたら、中折れは非常に身近なものになるので、生涯現役でいるためには、細心の注意が必要。当然ながら、中折れが見られるようになったら、早めに病院に行き、専門の医師に相談をすることが、非常に大切になります。

ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、中折れを自覚したら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >