大人の上野クリニックまとめ!

尿の色がいつもと違う。それも性病!?

結石や腎炎だけでけでなく、淋病やB型肝炎である可能性も!?
尿の色は、健康のバロメーター。用を足した際に、“あれ!? 何か違う”と違和感を覚えた場合は、性病にかかっている場合も…

放置してしまうと症状が進み、大病を招く危険性もあるので、早めに病院へ!

尿の色は、摂取した食べ物や体調などによっても変化するので、いつもと色が違っていたとしても、“これは性病だ”と即断することはできません。ですが…。

尿の色がいつもと違うことに加え、排尿通などがあった場合は、淋病である可能性が出てきます。実際に淋病であった場合は、尿に血が混じることもあるので、もしそのような症状が出たとしたら、できるだけ早く専門のクリニックか病院の泌尿器科に行き、診察を受けることが非常に大切になります。

また、尿の色が赤褐色のようになっていて、それと同時に、全身に倦怠感がある場合は、B型肝炎である可能性尾が高くなります。B型肝炎は、放置してしまうと肝臓ガンになることもあるので、やはり、尿の色に違和感を覚えた段階で病院に行くのが、賢明な対処法となります。

ちなみに、上野クリニックで治療をしてもらった場合の料金の目安は、淋病の場合が、「検査費20,000円、診察費費2,000円、薬代20,000円(2週間分)」で、B型肝炎が、「検査費10,000円、診察費2,000円」でああるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >