大人の上野クリニックまとめ!

タバコとED 「生涯現役でありたいなら禁煙を!」

喫煙習慣は、3大疾病だけでなく、EDとも深い関係があり!?
喫煙習慣が健康を損ねることは、みなさん、ご存知の通り。EDとの関係も、かなり深いようで…

タバコの煙に含まれるニコチンには、血管を収縮させ、血圧の上昇や動脈硬化を促進するという特徴が!

日本人の死亡原因の3分の2を占める3大疾病(がん・心臓病・脳卒中)は、喫煙習慣と大きな関係があります。タバコといえば、肺がんの原因というイメージがありますが、実は、タバコには60種類以上の発がん性物質が含まれていて、喫煙の習慣があると、肺がんだけでなく、全身のがんを発症する確率が高くなるようです。また、タバコの煙に含まれるニコチンには、血管を収縮させ、血圧の上昇や動脈硬化を促進するという特徴があるため、喫煙の習慣があると、がんだけでなく、心臓病や脳卒中の大きな原因にもなってしまうようです。

というわけで、喫煙の習慣には、健康を大いに損ねる危険性があるので、大きな注意が必要になります。前述したように、タバコの煙に含まれるニコチンには、血管を収縮させ、血圧の上昇や動脈硬化を促進するという特徴があるため、タバコを吸うと、血液の巡りが悪くなり、勃起するのに必要となる十分な量の血液を、陰茎に集めることが難しくなってしまうため、EDにもなりやすくなってしまうようなので、本当に大きな注意が必要になるのです。

ちなみに、上野クリニックのホームページには、「お酒と一緒にタバコを嗜む方も多いですが、これも勃起にはよくありません。タバコは毛細血管を収縮させる働きがあるので、ペニスの血管組織に悪い影響を及ぼす可能性があるのです。」と記されています。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >