大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術の適齢期 「包皮切除のベストな年齢」

第二次性徴期を過ぎれば体の成長が止まります。当然ながら、ペニスも…
包茎手術は、何歳くらいで受けるのがベストなのでしょうか? 生まれてすぐ? 大人になってから?

高校を卒業するまでに剥けなかったら、専門医師のサポートが必要!?

包茎手術は、早く受けるに越したことはない。なんてことはないので、ご安心を。包茎手術に、年齢制限はないからです。ただし、包茎手術にも、“適齢期”と呼べるような時期はあり、それはだいたい18歳前後、と言われています。

18歳前後が、なぜゆえに包茎手術の適齢期になるのかと言えば、それはズバリ、その時期がだいたい、体ができあがる頃だから!

個人差はありますが、男性の場合は、9~11歳くらいに第二次性徴期に入り、それから約5年ほど続きます。第二次性徴期に、男性は、睾丸が発達し、陰毛が発生。さらに、精通や声変わりなどがあり、徐々に体型が大人のそれに変化(成長)していきます。

というわけで、第二次性徴期に入るのが遅かった場合でも、男性は、18歳前後になれば、体ができあがる(大人の体に成長する)ことになります。当然ながら、ペニスもその時期までには成長を終えることになり、逆に言えば、第二次性徴期を過ぎてしまうと、亀頭が発達することによって、包皮が剥ける(亀頭に被らなくなる)可能性がかなり低くなってしまうため、ズル剥け(露茎)になりたければ、病院で手術をしてもらう必要が出てきます。

そんなわけで、18歳前後が包茎手術の適齢期、と言えるのですが、もちろん、いくつになっても包茎手術を受けることはできますし、実際、中高年の男性が包茎手術を受けるケースも、珍しくないようです。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安に感じていることがあったら、電話やメールなどで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >