大人の上野クリニックまとめ!

セクキャバの前に大きく立ちはだかる“ヌキ”問題! やっぱり、それは蛇の生殺し!?

ヌキにこだわるなら最初から他の店に行けばいい? イチャイチャこそセクキャバの醍醐味!?
女のコのオッパイをもみもみしながら、楽しくお酒が飲めるセクキャバは、とてもナイスな場所。それは間違いのない事実。しかしながら、どんなによいものにも弱点というものが必ず存在していることも事実で、当然ながら、セクキャバも例外ではなく、『“ヌキ”のサービスがない』という、夜の街で遊んだ経験がある方なら、ほとんどの男性が熟知しているような巨大なウイークポイントを有しているのでした。というわけで、本日はその辺の事情について、突っ込ませていただきたいと思っております。やっぱり、いい面も悪い面も、ちゃんとお伝えするのが、“風俗ジャーナリズム”だと思いますので!

 セクキャバ後に真っ直ぐ帰宅し、嫁に激しく求めるのも一興。


風俗店に行く目的は、たぶん、ほとんどの男性が“ヌク”ことだと思われます。たまに馴染みになった女のコがいるお店(ヘルスとか)に、話だけをするために行く男性がいたりもしますが、それは例外中の例外で、ほとんど全ての男性が、気持ちよく精子を発射する自分の姿をデヘへと夢想し、何ならお店に向かう電車の中からすでにアソコを膨らませて、かなりテンションを上げた状態で、お店を訪ねることになるはず。それが、“一人でも多くの女性に種付けをしたい”という欲求を持つ、人間のオスたちの偽らざる本能であるからです。
だから、セクキャバで遊んでいて、終了時間が来た瞬間に、「はい。終わりね」という言葉だけを残して、女のコがさっと自分から離れていってしまいますと、正直、とても切ない気分になってしまいます(下半身がビンビンになっていればいるほど)。

seku2b
もちろん、去り際に、「楽しかった」とか「気持ちよかった」などと言ってくれる、気遣いのできる優しい女のコもたくさんいます。「また来てね」と笑顔を見せてくれる女のコだって珍しくありません。それに、普通のキャバクラのように、その『気のいい女のコたち』を“アフター”に誘うことも十分に可能ですが、それには当然、時間とお金がけっこうかかってしまいます。
となると、“どうせ金がかかるなら、このままヌキがある店に行った方がいいかも”と考えるのは当たり前のことで、実際にそうする男性も少なくありません。やはり、男性の“ヌキたい!”という願望はかなり強力で、お店を出たからといって、すぐにシュルシュルと消えていってくれるような、ヤワなものではないようで。
というわけで、セクキャバに行って、どうしてもヌイてもらいたくなったら、近くにある手コキのお店(料金の相場は、20分コースで3000円くらい)なり、ピンサロ(30分コースで6000円くらいが一般的)などに行って、スッキリさせてもらえばいい、ということになります。

seku2c

それでヌキ問題は一件落着! となればいいのですが、「そんなにお金がない」という現実的な問題だけでなく、「他のお店に行って、これ以上お金を使うことに納得がいかない」という心理面がネックになることもあり、なかなかスンナリとは、「ピンサロにでも行くか」ということにならず、悶々としたまま帰宅する男性もけっこういたりするのです。現実問題として。
で、その先がどうなるかと言うと、奥さんや恋人と一緒に暮らしている男性は、当然、奥さんや恋人に激しく求めることになり、終わった後に、「今日はスゴかったね」とお褒めの言葉をいただくことになるので、ハッピーエンド。ですが、自分みたいな独り身の男は、“ネットでエロ動画でも探して…”となるのが関の山。というわけで、残念ながら、ハッピーエンドとはならないのです。トホホ……。
だから、セクキャバはやはり、最初からイチャイチャを楽しむための場所だと割り切って、その場で大いに明るく、女のコも喜んでくれる形で、ハメを外しまくった方がいい。で、その後は、「あー、楽しかった。また、給料が出たら行こうっと。とりあえず、腹減ったから、牛丼でも食ってから帰るか」と、スパッと気持ちを切り替えるようにした方が自分のため。もちろん、懐具合に余裕があったら、そのままオナクラやピンサロに直行するのもいい。そうすれば、きっとプチリッチな気分が味わえて、楽しく(嬉しく)なるはず!
というわけで、セクキャバの楽しみ方は、実はいろいろ。オッパイもみもみ以外にも、魅力がいっぱいあるのです!

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >