大人の上野クリニックまとめ!

性病の基礎知識5 性病の感染力

性病は感染力が強い? 弱い?
性病の感染力は風邪のウィルス以下! 少し意外なことですが、性病は感染力がとても弱い病気なのです。だからと言って、無茶は厳禁。感染中のセックスはもちろん、絶対に禁止です!

下半身に違和感を覚えたら医師にすぐに相談を!


性病は、性行為のような密接な体の接触がなければ感染しない病気です。性病の病原体は、性器や口腔などの特定な場所でしか生きられないため、感染力はとても弱く、それは風邪のウイルス以下と言われています。
ただし、性病は、体の密接な接触があれば性行為以外でも感染をするので、女性とデート“だけ”をする時などにも、十分な注意が必要です。咽頭クラミジア、咽頭淋病、マイコプラズマ感染症、ウレアプラズマ感染症といった性病は、キスだけで感染する可能性があるからです。
というわけで、性病は感染力が弱いからと言って、全く安心はできません。素性がよく分からない相手とのディープキスやオーラルセックスなどを含めた性行為などは言語道断、しかも、相手は不特定多数! となったら、それは自殺行為と言っていいかもしれません。快楽の追求を優先して、乱れた性生活を送れば送るほど、性病にかかるリスクは高くなっていく。そう自覚しておくことが大切です。
また、厄介なことに、性病の中には自覚症状の出にくいものもあるため、痛みや痒みをほとんど感じずに、知らないうちにパートナーにうつしてしまうケースも少なくありません。ですから、少しでもペニスに違和感を覚えたら、早めに専門医に相談するように心がけてください。自身のみならず、大切なパートナーを守るためにも!

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >