大人の上野クリニックまとめ!

B型肝炎の症状

全身の倦怠感や食欲の低下、発熱や黄疸などの症状が出るのは、感染者の3分の1程度!?
B型肝炎に感染すると、1~2ヶ月くらいの潜伏期間を経て、全身の倦怠感や食欲の低下、発熱や黄疸などの症状が現れるようになります。

有効な治療方法は、安静療法と食事療法!

 
B型肝炎の症状には、全身の倦怠感や食欲の低下、発熱や黄疸などの他にも、不眠症や吐き気、微熱や下痢などもあります。

しかしながら、実際にそのような症状が出るのは、感染者の3分の1程度と言われており、感染者の半数以上は症状が出ないまま、感染したことにも気づかずに、自然に治ることになります。また、実際に症状が出た場合でも、2~3ヵ月くらい安静にしていれば、症状が沈静化し、落ち着いた状態になります。

というわけで、B型肝炎に感染して、実際に前述したような症状が出たとしても、安静療法(入院して安静にしているようにする)で治すことになります。ただし、急性肝炎から劇症肝炎になってしまった場合は、合併症の発生を防ぐために、人工肝補助を行うことになります。

 
ちなみに、上野クリニックのホームページには、「何より大事なのは安静療法です。じっと寝ていなければなりません。そして、薬物投与(特効薬はなく、破壊された細胞の再生・修復に必要な栄養剤が主)、さらに食事療法も効果があります。これらは肝臓組織の再生のため、高タンパク、高エネルギー、高ビタミンのものが基本になります。」と記されています。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >