大人の上野クリニックまとめ!

割礼を行っている国

ユダヤ教やイスラム教を信仰する国では、割礼するのが当たり前!?
日本には、割礼の風習がありません。なので、日本人男性の包茎率が高くなることは、ある意味、必然なのです。

キリスト教徒が8割を占めるアメリカでも、衛生上の理由などから割礼が行われている!?


割礼は、男子の性器の包皮の一部を切除して、亀頭を剝き出しにする儀式(風習)。この儀式は古くから行われおり(『旧約聖書』に記述があるようです)、ユダヤ教やイスラム教の国々では、今でもその伝統が受け継がれています(非人道的だという批判もあるようですが)。また、キリスト教徒が約8割を占めるアメリカでも、衛生上の理由や、青少年の自慰行為を防ぐ目的などから、割礼が行われているようです(割礼の普及率は、全体の5割程度であるようです)。

というわけで、ユダヤ教やイスラム教の信仰者が多い国では、今も割礼が広く行われています。具体的に国名を挙げてみますと、マレーシア、フィリピン、インドネシア、アフガニスタン、バングラデシュ、パキスタン、アルバニア、イラン、イラク、イスラエル、クウェート、レバノン、シリア、トルコ、トルクメニスタン、アラブ首長国連邦、エジプト、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、エチオピア、ガーナ、ギニア、ニジェール、ナイジェリア、南アフリカ、ベナン、カメルーンなどとなり(ここに挙げた国が全てではありません)、非常に多くの国で割礼が行われていることが実感できます。

そんなわけで、割礼という風習がない日本で、包茎男性の割合が高くなることは、ある意味、必然と言えます。なので、「包茎であることは、全く恥ずかしいことではない」とも言えます。しかしながら、やはり、包茎であることが気になる場合は、専門のクリニックに相談してみるといいかもしれません。ちなみに、上野クリニックでは、包茎に関する電話相談やカウンセリングは、無料で受け付けてくれているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >