大人の上野クリニックまとめ!

亀頭の一部が壊死することもあるカントン包茎

包皮口が狭いタイプの仮性包茎は、大きな注意が必要!
カントン包茎は、保険が利きます。なぜかと言えば、日常生活に支障をきたすことがあるからです。

包皮を無理に剝くことは絶対NG!?

 
仮性包茎と一口に言っても、包皮の被り具合の程度は様々。平常時でも勃起時でも、自由に包皮を剝くことができ、手で一度剝けば、しばらくの間はズル剥けの状態をキープできる軽度の仮性包茎もあれば、平常時に辛うじて手で剝くことができる程度の重度のものもあります。

カントン包茎は後者に該当し、包皮口(包皮の先端部分)が狭いために、強引に手で剝いてしまった場合に、包皮口が亀頭の根元を締めつけて、元に戻すことができなくなってしまった状態のことを言います。なので、ある意味では、真性包茎よりも厄介であると考えることができます。

というわけで、包皮口が狭いタイプの重度の仮性包茎である場合は、カントン包茎になる可能性があるので、大きな注意が必要になります。強引に手で剝いたことをきっかけにカントン包茎に陥ると、包皮が陰茎を圧迫して亀頭が鬱血してしまい、最悪の場合は、鬱血している亀頭の一部が壊死してしまうこともあるので、本当にシャレになれません。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、“もしかしてカントン包茎かもしれない。どうしよう!?”という感じで、不安を覚えている場合は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >