大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術 痛みを抑える麻酔

全身麻酔なら、眠っているうちに全て終了!?
包茎手術では、局部麻酔が行われることが多いようです。

手術後にすぐに帰宅できる局部麻酔!

麻酔には、全身麻酔と局部麻酔があるのですが、包茎手術では、局部麻酔が行われることが多いようです。全身麻酔を行えば、意識がない状態で包皮の切除手術が行われるので、痛みはもちろん、実際にメスを入れられる際に恐怖を感じる(緊張する)こともありません。ですが、全身麻酔をした場合は、入院や休息が必要になるので、手術が終わってもそのまますぐに帰宅することはできないようです。(局部麻酔なら、手術後にそのまま帰宅することができます)。

というわけで、包茎手術では、局部麻酔をすることが多いようです。

ちなみに、上野クリニックでも、局部麻酔が行われているようなのですが、痛みを最大限、和らげるために、基礎麻酔(スプレー式で、ペニスの表面に麻酔薬を噴霧し、皮膚の感覚を麻痺させる)から深部冷却(麻酔薬を注射する前に半凍結した特殊なジェルを直接ペニスに巻き付ける方法。従来の液体チッソを使用した噴霧冷却よりも皮膚の深部まで麻痺させることができる)、極細針で麻酔薬を注入(注射針は、細ければ細いほど痛みを感じない)という、非常に丁寧な処置を施しているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >