大人の上野クリニックまとめ!

糖尿病とED

糖尿病になると、EDになる確率が3倍に!?
糖尿病とEDを併発している患者の割合は、30代でおよそ30%。50代になると50%に上昇。糖尿病になると、EDになる確率が2~3倍になるようです。

高血糖の状態が続くと、神経や血管の働きに障害が!?

糖尿病は、生活習慣病の中で、EDの起こる確率が最も高い病気。なぜゆえに、糖尿病になるとEDを併発しやすいのかと言えば、それはズバリ、血糖値が上がることによって、神経や血管が障害を受けてしまうから!

糖尿病性の自律神経障害が起こると、性的刺激がうまく陰茎に伝わらなくなるため、勃起しにくくなってしまうのです。また、糖尿病が原因で動脈硬化や血管内皮細胞障害などが起こると、血液の流れが悪くなり、やはり、勃起が難しくなってしまいます。

というわけで、生涯現役であるためには、糖尿病にかからないことも非常に大事。そのためには、規則正しい生活を送り、バランスのよい食事を摂ることがとても大切なので、夜更かしや暴飲暴食は、できるだけ避けるようにしなければばりません。

ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、EDの防止法に関してもっと詳しく知りたくなたたら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >