大人の上野クリニックまとめ!

切らない包茎手術

メスを入れない方法なら、痛みはない!?
包茎手術には、包皮をカットせずに行うものもあります。

余っている包皮が多い男性は、切らない治療は難しい?

包皮をカットせずに行う包茎手術(厳密に言うと、包茎治療)には、いくつか種類があります。どの方法も、包皮をカットしないわけなので、当然ながら、メスは使わないのですが、残念ながら、まったく痛みがないわけではありません。

なぜかと言えば、包皮をカットせずに行う包茎治療には、亀頭を増大させることによって、包皮が亀頭に被らないようにする方法があるからです。亀頭を増大させるためには、ヒアルロン酸などを注入(注射)しなければならず、その際に痛みを感じることがあるので。

というわけで、メスを使わない包茎治療でも、痛みを感じることはあります。ですが、通常の包茎治療(手術)に比べれば、痛みは少なく(術後の痛みも含めて)、痛みの回避が優先事項になる方は、切らない(メスを入れない)方法を選択するといいかもしれません。ただし、余っている包皮の量が多い場合は、この方法で治療を行うことができないので、その場合は、通常通り、包皮をメスでカットすることになります。

ちなみに、上野クリニックでは、包皮をカットする包茎治療を行っているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >