大人の上野クリニックまとめ!

夏バテとED

全身の倦怠感や食欲不振、下痢や便秘だけでなく、夏バテの症状にはEDも!?
毎年、梅雨があけて、本格的な夏がやって来ると、なんだか下半身の元気がなくなるような…。もしかして、それって、夏バテが原因のED?

倦怠感からその気になれないことはあるけど、EDになることはない!?

夏バテの原因には、大量に汗をかくことによる体内のミネラルや水分の減少(不足)、屋外と室内の温度差による自律神経の乱れ、暑さから来る胃の消化機能の低下、などがあります。その結果、夏バテをすると、全身の倦怠感や食欲不振、下痢や便秘などの症状が現れることになります。

というわけで、夏バテの症状に、EDはありません。なので、もし、「夏場になると勃起しにくくなる」と感じていたとしても、それはEDになったからではありません。前述したように、夏バテをすると、体がだるくなるので、なかなかそういう気になれず、結果的に勃起しにくくなっているだけだと思われます。

そんなわけで、夏バテをしたからといって、EDになることはありません。ですが、夏バテをすると、倦怠感から体を動かすことが億劫になり、性行為をする気になれなくなることが珍しくないので、やはり、大きな注意が必要になります。ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる疑問や悩みにも応(答)えてくれるようなので、夏バテに関係なくても、EDについて何か相談したいことがあったら、電話かメールで問い合わせてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >