大人の上野クリニックまとめ!

包茎治療の適齢期

体の成長が止まったら、ペニスの成長も止まるので…
包茎治療は、いくつになっても受けることができます。しかしながら…

包茎であることが気になるなら、20歳を過ぎたら早めに手術!?

できることなら自然に剥けて欲しい。それが、包茎男性の偽らざる本音。しかしながら、体の成長が止まるとペニスの成長も止まってしまうので、すでに成人に達している男性は、ある意味、手遅れ。包茎から脱するためには、病院で治療(手術)を受けることが必須になります。

というわけで、包皮が自然に剝けるのは、基本的には20歳前まで(もちろん、個人差があります)。それ以降は、病院での治療が必要になるので、20歳を過ぎてからが包茎治療の適齢期、ということになります(当然ながら、こちらの年齢にも個人差があります)。なので、包茎治療は、中高年になってから受けることも可能ですし、実際、オーバー40になってから治療を受けている方も少なくないようです。

ちなみに、上野クリニックのホームページには、「10代後半から20代は、彼女や友だちと海や山に出かけるなど、人前で裸になることが多い時期。人生で最も楽しく充実した時を、コンプレックスを抱えたまま過ごすなんてもったいない。早めの治療で、一度しかない青春を楽しく過ごしてください。」なるメッセージが、掲載されています。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >