大人の上野クリニックまとめ!

迷いが生じやすい仮性包茎

マメな洗浄を怠れば、悪臭や病原菌の繁殖の原因に!?
「真性包茎やカントン包茎でなければ、治療(手術)の必要はない」と言うけれど、マメな洗浄を怠ると、いろいろと弊害があるようなので…。

見栄えの問題から迷いが生じることも!

仮性包茎は、日常生活に支障をきたすことがないため(だから、保険が適用されません)、基本的には、治療(手術)の必要はありません。ただし、マメな洗浄を怠ると、普段は、亀頭が包皮に覆われているため、悪臭を放ったり、病原菌が繁殖しやすくなるため、大きな注意が必要になります。また、亀頭が包皮に覆われたペニスは、子供のそれのように見えるため、ズル剥けの男性(ペニス)に対してコンプレックスを抱いたり、女性に、包茎のペニスが見られることに抵抗を感じ、恋愛に積極的になれなくなってしまうこともあるため、やはり、大きな注意が必要になります。

 
というわけで、仮性包茎の男性は、ある意味、大変。いろんな迷いが生じる可能性が高いから。だけど、焦りは禁物。真性包茎やカントン包茎の場合は、日常生活に支障をきたすことがあるため、早急な治療(手術)が必要ですが、仮性包茎は、マメに洗浄をして、包皮に覆われている内側の部分を清潔に保っておくようにすれば、普通に暮らしていくことができるので、じっくりと検討をすればよいのです。

 
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、実際に迷いが生じた場合は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >