大人の上野クリニックまとめ!

自分のためだけではない性病予防

母子感染をすると、赤ちゃんにも重大なダメージが!?
性病の中には、クラミジアのように自覚症状が出ることが少ないものもあります。なので…

性病の予防や治療は、全ての人の義務!

性病は、誰かに(どこかで)病原菌をうつされる(もらう)ことによって発症します。なので、最初は、“被害者”とも言えるのですが、発症しても治療をせずに放置してしまうと、今度は、誰かに病原菌をうつす“加害者”となってしまいます。

 
というわけで、性病の治療を行うことは、自分のためだけでなく、他者のためでもあるので、性病予防は、性病の感染を拡大させないための“人としての義務”とも言えるのです。もし女性に性病をうつしてしまうと、その女性が妊娠した場合、病気の種類によっては母子感染をして、それが流産や死産の原因になってしまうこともあるので、肝に銘じておかなけれなりません。母子感染した場合、赤ちゃんが肺炎にかかったり、失明することもあるので(最悪の場合は死に至ることも)、本当にシャレにならないのです。

 
そんなわけで、性病らしき症状が出てきたら、すぐに病院に行くことが、非常に大切になります。ただし、性病の中には、クラミジアのように自覚症状が出ないことが多いものもあるため、残念ながら、それだけでは十分な対応とは言えません。なので、「性行為は、コンドームを必ずして行う」といった性病予防をしながら、定期的に性病の検査を受けることが必須にして、重要になります。

ちなみに、上野クリニックでは、性病の治療だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安や違和感を覚えたら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >