大人の上野クリニックまとめ!

割礼の存在感

割礼の風習があれば、包茎で悩む必要なし!?
生まれた直後に包皮を切除。あなたは、してもらいたかったですか?

仮性包茎であることがどうしても気になる場合は、まずは相談!

 
日本人男性の約7割が仮性包茎。なんてことがよく言われることからも分かるように、日本人男性の包茎率は、非常に高いようです(断言できないのは、正確な調査データがないため)。その理由はズバリ、日本には、男子の性器の包皮の一部を切除する“割礼”という風習がないため。海外の国の中には、日本に比べて包茎率が低い国がいくつもありますが、それは、生まれた直後に包皮を切除しているからなのです。

というわけで、日本人男性の包茎率は高くなっているのですが、当然ながら、日本と同じように割礼の風習がない国では、包茎率が高くなっていて、ヨーロッパ(割礼の風習がある一部の国を除いて)では、仮性包茎であることは当たり前(普通)、とされています。なので、仮性包茎であることにコンプレックスを持つことは稀で、真性包茎やカントン包茎でなければ、治療(手術)を行うことも少ないようです(ビートルズのメンバーだったジョン・レノンも仮性包茎で、『トゥー・ヴァージンズ』というアルバムのジャケットで、そのペニスを堂々と披露しています)。

そんなわけで、仮性包茎であっても、温泉や銭湯で恥ずかしがる必要は、実はないのです。しかしながら、日本では、“仮性包茎はズル剥けよりも格下”的なイメージが定着しているので、そのことがどうしても気になる場合は、治療(手術)を受けることも選択肢の一つになります。ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる不安や疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし仮性包茎問題で悩んでいる場合は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >