大人の上野クリニックまとめ!

世界の包茎事情

今も割礼の儀式が行われている国では、ズル剥け率、高し!
海外には、割礼という儀式があるから、みんなズル剥け。なんて風に思っている方、いませんか?

ヨーロッパでは、仮性包茎が当たり前!?

海外では、確かに今も割礼(男子の性器の包皮の一部を切除する風習)が行われています。ですが、それは、全ての国で行われているわけではなく、ヨーロッパなどでは、「仮性包茎がペニスの自然な形状」と考えられています。とは言え、イスラム教やユダヤ教の国では、今でも普通に割礼が行われており、生まれてすぐに包皮の切除手術が行われるケースが珍しくありません。

 
というわけで、ペニスの包皮の状態は、国によって“当たり前の基準”が異なっています。なので、当然ながら、海外には、仮性包茎であることに全くコンプレックスを抱く必要がない国もあります。ただし、真性包茎とカントン包茎はやはり、多くの(ほぼ全ての?)国で、早めの手術の必要があり、とされているようです。

 
そんなわけで、包茎で悩んでいる方は、もしかしたら、海外の事情などを調べてみると、少し気が楽になるかもしれません。もちろん、専門の医師に相談することもベターな選択です。ちなみに、上野クリニックは、包茎の治療を行うだけではなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問に、電話やメールでも応(答)えてくれるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >