大人の上野クリニックまとめ!

性病対策 「尿道から膿が出てきたら…」

尿道から膿が出るのは、病原菌が尿道の粘膜に感染して尿道炎を起こしているのが原因!
もし尿道から膿が出てきたら、淋病やクラミジアである可能性が出てきます。

放置してしまうと尿に血が混じることも!?

 
尿道口から膿が出てきた場合、考えられる性病は、淋病とクラミジアということになります。淋病とクラミジアでは、尿道から出てくる膿の色が異なっているので、クリーム色の膿が出る場合は淋病(症状が進むと、膿の色が黄色っぽくなります)、膿の色が白かった場合はクラミジア、と判断することが可能です。しかしながら、素人が判別することは難しく、いずれにしても治療が必要になるので、できるだけ早く病院に行くことが非常に大切になります。


ちなみに、淋病とクラミジアの症状には、膿が出る以外にも、排尿痛や尿道の痒みなどがあります。淋病の場合は、放置してしまうと、尿に血が混じることもあります。
というわけで、尿道から膿が出てきたら、淋病かクラミジアである可能性が高くなるので、放置することは厳禁! ということになります。

上野クリニックでは、性病の治療だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問に電話やメールでも応(答)えてくれるようなので、膿云々に関わらず、もし何か不安に思うような症状が出たら、すぐに問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >