大人の上野クリニックまとめ!

カントン包茎は危険?

重度の仮性包茎は、カントン包茎になる可能性があるので、大きな注意が必要!
仮性包茎の中には、包皮口(包皮の先端部分)が狭く、自由に包皮を剝くことができないタイプがあります。

無理やり剝いてしまうと、最悪の場合、亀頭の一部が壊死することも!?

 
仮性包茎は、普段は亀頭が皮で覆われていても、勃起時には亀頭が自然に露出したり、手で自由に包皮を剝くことができるので、基本的には、性行為を含めた日常生活に支障をきたすことはありません。
しかしながら、仮性包茎の中には、包皮口(包皮の先端部分)が狭いために、勃起しても亀頭が露出せず、包皮を手で剝くことも難しいタイプのものもあり、そのタイプ(重度)の仮性包茎であった場合は、勃起した時に包皮を無理やり(強引に)剝いてしまうと、包皮口が亀頭の根元を締めつけて、元に戻すことができなくなってしまうことがあります。
その状態がカントン包茎で、カントン包茎になると、包皮が陰茎を圧迫して亀頭が鬱血し、そのまま放置してしまうと、亀頭の一部が壊死してしまう可能性が出てきてしまいます。

というわけで、カントン包茎に陥る可能性のある重度の仮性包茎であった場合は、包皮を強引に剝くことは厳禁となります。そして、当然ながら、早めの治療(手術)が必要ということになります(カントン包茎は、医療保険が適用されます)。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安に感じることがあったら(「もしかして、カントン包茎なのでは?」など)、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >