大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術後の痛み

包茎手術後に麻酔が切れると、徐々に痛みが…
包茎手術は、麻酔をしてから行うので、包皮を切除してもらっている時に、痛みを感じることはありません。ですが…。

手術後の痛みには個人差があり

手術中は麻酔で痛みを抑えているので安心ですが、手術が終わって2~3時間経つと、麻酔が切れてくるため、徐々に痛みを感じるようになります。当然ながら、痛みの度合いは個人差があるので、“少し痛みを感じただけで、ほぼ問題はなかった”という人もいれば、“だんだん痛みが激しくなってきて、正直、けっこう辛かった”という人もいます。なので、基本的には、“包茎手術は、終わった後に痛みが生じるもの”と考え、ある程度、用心をしておいた方がいいかもしれません。
包茎手術は入院の必要がなく、手術が終わればそのまま帰宅することができるのですが、痛みが長期に渡って続く可能性があるため、帰宅する際に、病院から包帯や化膿止めなどとともに、痛み止めも手渡されます。術後の痛みが続く期間も個人差があり、数日から1~2週間程度続く場合もあるため、やはり、“包茎手術後の痛みは、少し長く続くこともある”と、ある程度の覚悟をしておいた方がいいかもしれません。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎手術後に不安になった場合の心のケアをするために、24時間体制で無料相談を受け付けているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >