大人の上野クリニックまとめ!

ペニス増大手術

ペニスに直接メスを入れる手術方法は、リスク高し!?
ペニス増大手術には、いくつかの方法があります。今回は、その中の代表的な手術方法を3つ紹介いたします。

最も安全とされているペニス増大術も、注入剤によっては危険が!?

 
まず最初に紹介するのは、体の中に埋もれているペニスの一部分を、外科手術によって外に引っ張り出す長茎術。その具体的なやり方は、ペニスと恥骨を結び付けている靭帯を3cm程度切り離し、体内に埋もれていたペニスの一部分(根元)を引っ張り出し、そこで今度は靭帯を固定します。なので、長茎術によるペニスの増大分は、数cm程度ということになります。また、長茎術は、ペニスに直接メスを入れるため、手術後にペニスに突っ張り感が残ったり、神経を傷つけてしまったり、EDに陥る可能性があったりもするので、実際にこの治療(手術)を受ける場合には、大きな注意が必要になります。
次に紹介するのは、脂肪吸引長径術という手術方法で、これは、長茎術のバリエーションの一つになります。脂肪吸引長径術は、その名の通り、腹部の脂肪を除去することによって、その中に埋まっていたペニスを引き出す方法。当然ながら、肥満体質の男性に適した手術方法になります。また、脂肪吸引長径術は、長茎術のバリエーションの一つなので、やはり、リスクがあります
最後に紹介するのは、最も手軽な方法と言われているペニス(亀頭)増大術。ペニス増大術は、ペニスにヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入(注射)するだけなので、簡単に行えるのですが、「注入剤によっては、体にダメージを与えることがある」とも言われているので、実際にこの手術方法を選択する際にも、大きな注意が必要になります(事前にしつこいくらいの確認をされた方がいいかもしれません)。
というわけで、いずれのペニス増大手術を受ける際にも、事前の下調べや病院での確認が非常に大切。当然ながら、事前の説明が不十分(いい加減)であった場合は、手術を受けることを回避した方がよいでしょう。
ちなみに、上野クリニックでは、3つの手術方法の中では、最も安全性が高いとされているペニス(亀頭)増大術だけを採用しているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >