大人の上野クリニックまとめ!

バイアグラを服用すると勃起しやすくなる理由

cGMPが増えれば、勃起しやすくなるが、5型ホスホジエステラーゼが増えれば、勃起が難しくなる!?
バイアグラを服用すると、なぜゆえに勃起しやすくなるのかと言えば、それはズバリ、5型ホスホジエステラーゼの働きを抑え、cGMPが分解されるのを防いでくれるから! 

バイアグラを飲むと、血液が海綿体に流れ込みやすくなる!?

 
今回はまず、勃起の仕組みについて解説させていただきます。
男性が性的な刺激を受けると、それが脳内の勃起中枢神経に達し、さらに、その情報が脊髄神経を通って、陰茎へと伝わります。すると、体内でNO(一酸化窒素)という血管拡張物質が分泌され、それがペニスの海綿体の平滑筋細胞に作用することによって、多量の血液を受け入れる準備が整い、勃起可能な状態になります。
というわけで、血液が海綿体に流れ込むことで勃起は起こるのですが、この時に非常に重要な役割を果たす物質がcGMP(サイクリックGMP[グアノシン一リン酸])で、これが細胞内で増えることによって、陰茎の平滑筋を緩め、海綿体に多くの血液が流れ込む仕組みになっています。
なので、血管拡張剤とも言えるcGMPの分泌量が少なければ、当然ながら、勃起することが難しくなります。また、ペニスの海綿体には、cGMPを加水分解する5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素が存在しており、5型ホスホジエステラーゼの働きによって、cGMPが分解されると、海綿体の平滑筋の収縮が始まり、血液の流入が止まることになるので、5型ホスホジエステラーゼの分泌量が増えてしまうと、やはり、勃起をすることが難しくなります。
バイアグラを服用すると、なぜゆえに勃起しやすくなるのかと言えば、バイアグラには、「5型ホスホジエステラーゼの働きを抑えて、cGMPが分解されるのを防ぐ」という効能があるからなのです。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、何か確かめたいことがあったら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >