大人の上野クリニックまとめ!

ED予防 テストステロンの重要性

年を取るとEDになりやすくなるのは、テストステロンが減少するから!?
テストステロンは、男性ホルモンの一種。筋肉の増強、体毛の増加、冒険心や競争心を活発にするなどの作用があり、男性が勃起をする際にも重要な働きをします。

生涯現役でいたいなら、規則正しい生活を!

 
テストステロンには、筋肉の増強や冒険心を活発にするなどの働きの他に、一酸化窒素を供給し、血管の健康を保つという重要な役目もあります。一酸化窒素は、血流をよくしたり、血管の健康を維持してくれる、非常にありがたい物質で、男性が勃起をする際にも、海綿体の血管の拡張や血液の導入を促進するといった重要な働きをしてくれています。なので、加齢によってテストステロンが減少してしまうと、当然ながら、一酸化窒素も減少することになり、その結果、EDになりやすくなってしまいます。
というわけで、生涯現役でいるためには、テストステロンの分泌量の減少を抑えることが重要になってきます。残念ながら、テストステロンの分泌量のピークは20代前半であるため、それ以降は、年を重ねる毎に、テストステロンの分泌量は少しずつ減少していくことになります。しかしながら、ストレスを溜めずに規則正しい生活を送り(睡眠もたっぷり)、バランスのよい食事をとるように心がけ、適度な運動をしていれば、テストステロンの減少量を抑えることができるようなので、本気で生涯現役であることを願うのであれば、自堕落な毎日を送らないないように注意することが、非常に重要になってきます。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か確かめ(訊き)たいことがあったら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >