大人の上野クリニックまとめ!

更年期障害によるED

イライラや不安、ほてり、のぼせ、疲労感などの他に、EDの症状が現れることも!?
更年期障害は、女性特有の症状。そんなイメージを持っている方も、少なくないのではないかと思いますが、実際には、男性にも更年期障害の症状が現れることがあります。その中には、EDなどもあるようで…。

青年期から老齢期への移行期に、性ホルモンの分泌量が減少すると…

 
更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れを原因とする身体と精神の両面に現れる不調のこと。加齢に伴って性ホルモンの分泌量が減少すると、イライラや抑うつ気分、ほてり、のぼせ、疲労感、不眠症などの症状が現れることになります。そもそも更年期とは、老化とともに性ホルモンの分泌が少なくなってくる期間のことを指し、それは、青年期から老齢期に移り変わる間の時期にあたります。
というわけで、ホルモンバランスの乱れがあれば、性別に関係なく、更年期障害の症状が現れる可能性が出てくるのですが、女性の場合は、閉経期を挟んだ数年間にその症状が現れるのに対して、男性の場合は、発症する時期に個人差があり、進行も緩やかであるため、自覚しづらい傾向があるようです。
更年期障害になった場合、当然ながら、男性にも前記したような症状が現れます。また、男性特有の症状には、EDや排尿の不調などもあるので、もしそのような症状が出た場合は、EDの専門クリニックや病院の泌尿器科などで診察や治療を受ける必要が出てきます。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もしそういった兆候を感じるようになったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >