大人の上野クリニックまとめ!

薬剤性のED

病気の治療のために常用している薬の副作用で、EDになることも!?
EDには、身体機能の何らかの異常や障害によって起こる器質性のEDと、ストレスなどの心理的な障害が原因になる心因性のEDの他に、薬剤性のEDというものもあります。

薬剤性のEDの治療も、もちろん、バイアグラ!?
 

薬剤性のEDとは、その名の通り、病気の治療のために服用している薬の副作用によって起こるEDのこと。具体的には、神経や循環器、消化管などに作用する薬によって引き起こされるのですが、その中で特によく見られるのが、精神安定剤や抗うつ薬、睡眠薬、向精神薬などを服用している方がEDの症状を訴えるケース。また、降圧剤や高脂血症治療薬、胃潰瘍治療薬などを長期に服用している方などにも、EDの症状が現れるケースが少なくないので、それらの薬を常用している方は、大きな注意が必要となります。
薬剤性のEDの症状を改善させる方法は、バイアグラなどのED治療薬を服用すること。なので、もし常用している薬の影響(副作用)で、EDの症状が出てきているように感じたら、ED治療の専門医の診察を受け、適切な処方をしてもらうことが非常に大切になります。当然ながら、放置は厳禁。他の病気と同様に、EDも放置しておくと、症状が悪化してしまうので、早めに診察を受けることも重要になります。
上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし、いきなり病院に行ってEDの診察を受けることに抵抗を感じる場合は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >