大人の上野クリニックまとめ!

中折れ 中高年男性は特に注意が必要

動脈硬化やストレスだけでなく、激しすぎるマスターベーションもその原因に!?
中折れとは、勃起はできるものの、性行為の途中でペニスが萎えてしまう現象のこと。その原因はいくつか考えられるようで…。

マスターベーションの強い刺激に慣れてしまうと…

 
厄年を過ぎる頃から多く見られるようになるとされている中折れ。なぜゆえに中折れが加齢と関係が深いのかと言うと、それはズバリ、年を取ると血管が硬くなり、ペニスの海綿体の抹消血管が収縮してしまうから。血管が細くなれば、当然ながら、そこに血液が流れ込みにくくなり、さらに、中高年になると、糖尿病などの生活習慣病の影響で神経障害が起こる確率が高くなるため、脳からの命令がペニスに上手く伝わらなくなり、勃起状態を維持することが難しくなってしまうわけです。
また、中折れは、不安や緊張、プレッシャー、焦りなどのストレスが原因で起こることもあります。そういった負の感情を抱えていると、性行為の途中でふと我に返ることが珍しくなくなってしまうため、その瞬間に性的興奮から覚め、ペニスが萎えてしまうのです。
というわけで、中折れは、フィジカルだけでなく、メンタルの不調が原因で起こることもあるのですが、間違ったマスターベーションが原因になることもあるので、ペニスを強く握り、高速でシゴく習慣がある男性は、大きな注意が必要になります。マスターベーションの強い刺激に慣れてしまうと、通常の挿入行為では満足できなくなり、ペニスが萎えてしまうことも十分に考えられるからです。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安に感じていることがあったら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >