大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術の手順

すべての包茎手術は、ペニスに麻酔を打つことから始まる!?
包茎手術の手順は、クリニックごとに異なります。ですが、大まかな流れはだいたい一緒。具体的には、ます最初に麻酔をして…。

包皮切除や縫合の方法は各クリニックによって異なるため、仕上がりに違いが!

 
一般的に、包茎手術はまず、ペニスに麻酔を打つことから始まります。麻酔は当然ながら、手術時の痛みを和らげるために行うわけですが、神経細胞が集中している場所に針を刺すことになるので、麻酔の注射自体がそれなりの痛みを伴います。なので、クリニックによっては、段階麻酔や点滴麻酔などを行い、麻酔自体の痛みを取り除く工夫をしているようです。ちなみに、上野クリニックでは、基礎麻酔→深部冷却→極細針と、表面から徐々に内部に麻酔を効かせていく手法を用いて、患者さんの痛みを最大限、取り除く努力をしているようです(実際に、「痛みが少ない」という高い評価を得ているみたいです)。
というわけで、麻酔も包茎手術の重要な手順の一つとなっているのですが、無事に麻酔が済んだ後は、包皮切除となります。当然ながら、包皮切除の方法も各クリニックによって変わってくるわけですが、上野クリニックでは、高度な技術が必要とされる「複合曲線作図法」という手術法を採用しているようです。
包茎手術の最終段階は、縫合となります。包皮の切除部分を医療用の針と糸で縫い合わせるわけです。なので、後日、抜糸が必要になるのですが、抜糸の必要がない特別な糸が用いられるケースも少なくないようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >