大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術の必要性

保険が利く真性包茎は、早めの治療がベストな選択!?
一口に包茎と言っても、皮の被り具合は多種多様。真性包茎と軽度の仮性包茎では、当然ながら、対処法も違ってきます。

重度の仮性包茎も要手術!? 見栄えを気にするなら…

 
真性包茎は保険が利きますが、仮性包茎は利きません。なぜかと言えば、仮性包茎は、日常生活に支障をきたすことがないため(普段、包皮に覆われている部分をマメに洗浄し、清潔に保つことが条件)。逆に言えば、真性包茎は、日常生活に支障をきたすことがあると認められている、ということなので、早期の治療が必要になります。ただし、包皮口が狭い(包皮を剝きにくい)タイプの重度の仮性包茎であった場合も、早期の治療が必要。重度の仮性包茎は、無理やり包皮を剝くと、狭い包皮口が亀頭の根元を締めつけ、元に戻すことができなくなることがあるので(その状態がカントン包茎で、カントン包茎は保険が利きます)。
というわけで、仮性包茎であった場合は、自分の皮の被り具合を見極めておくことが大切になります。包皮を自由に剝くことができる軽度の仮性包茎なら、基本的には、治療は必要がないのですが、もし、男としてのプライド(見栄え)や女性受けを考えるなら、治療を検討してもいいのかもしれません。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも、電話やメールで応(答)えてくれるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >